静岡県沼津市(沼津・大岡・片浜・原駅)の不動産情報|沼津市の宅建マイスタークラブ会員のいる店

静岡県沼津市(沼津・大岡・片浜・原駅)の不動産情報|沼津市の宅建マイスタークラブ会員のいる店
営業時間午前8時30分より午後5時まで
電話番号055-923-2950
ファイナンシャルプランニング技法の大切さ

マイナス金利がライフプランに与える影響

人が一生に使うお金は人によって違うと思いますが、少なからず自分の幸せにお金がかかわってくることは確かです。ご自分の給与が自分の趣味趣向などによって何に使われているのかを見つめなおすことをお勧めします。あらためて見つめなおすことにより新たな発見があります。昔習いたかった習い事へ費用をあてるとか、勉強のための勉強でない人生を豊かにするための勉強です、少しの調整で叶うこともあるはずです。お金をいっぱい使うなら稼げばいいという考え方が稼ぐにはどうすればいいかという発想へと結びつき、ただ毎月の給与を守っていけばいいという考えから抜け出せることになります。収入に対しては殖やしていくにはどうすればいいかを考え、支出に対しては予め予定された予算、特別な支出について、ライフプランニング表を使って見える化することにより今の現状の把握をしながら、年毎に改定しながら将来の自分の姿を描きながらみていく。将来どのように生活していきたいかを将来の生活費を目安に計算していくといくら積立したほうがいいのかということがわかったきます。年を経るごとに貯蓄していた、老後への貯蓄の金額が少しづつ殖えていきます。そこに将来の不安をすこしでも無くす鍵があるのです。貯蓄をして将来一時払い保険に入るのか、それとも毎月少しづつ積み立てていくのかを考えてみるのも1つの方法です。それは自分の性格としてどちらがあうのか選択することになります。
現在の収入の中からそれをみることができます。収入を増やすには稼ぐか、控除を上手く利用する。節税した分を個人年金や小規模企業共済や確定拠出年金にまわす。それにより将来の老後の生活費を少しづつ蓄積し、お金の面で未来を明るいものにしていく。
投資にも挑戦してみることも大切である。給料が少ないと言っているよりも投資や稼ぐ方法を学ぶことにより自分の生活を少しでも豊かにしていく。利を稼ぐにはどのような技法があるのかみてみましょう。NISAもその一つです。また不動産リートも毎月分配型が人気です。投資会社の人が進めてくれる会社の株を買うのも一つだし、自分が応援している会社の株を買って応援し、株主優待をもらう、配当狙いなどあるでしょう。そして投資といえば、株とかを連想しますが、実はだれだれちゃんへの投資でもいいのです。あの人なら将来投資してもいいという人がいれば、その人の事業への出資者になってあげればいいのです。ただしリスクはともないますので、お気をつけ下さい。
マイナス金利が始まりローンについては金利が下がり返済が楽になりました。しかし預入金利は下がり、生命保険等の金利が下がるなどの影響もありいいことばかりではありません。ライフラインの見直しをすることにより金利商品の見直しも必要です。
そして人生での出費のうちで大きなものには自宅の購入、保険、教育資金、自動車などがある。まあ、ちびちびとした出費を抑えることも大切ですが大きな買い物の時に制度を上手く利用して賢い買い物をしましょう。
携帯電話のメルマガなどに登録するなど自分が応援する会社のお得な割引が受けられるなど、お誕生日割引やシニア割引など生活のなかでのお得感が増しています。
図書館で本を読んだり、中古本を読んだり、本屋さんで本を購入したりと人それぞれの方法を模索するなかで生活レベルをどのレベルに設定するかが課題でしょう。IoT技術による家電導入による生活の便利性の向上はこれからの課題でしょう。
法人をたちあげてみましょう。そうすれば保険や自動車は経費として計上できる。もちろん法人と個人とは税率が違うのだから、そこは税理士の先生に相談して処理するべきです。
ちなみに不動産投資で事務所家賃を得て、小規模企業共済や確定拠出年金や個人年金などの控除をうまく使いながら節税をすると効率のいい投資になる。
個人にとって殖やすという考え方は、自然に殖えていくという技法。金融機関に預けたり、ポイントを貯めたり、殖やすために仕入れルートを変更したり真面目にファイナンシャルの技法を取り入れることにより習慣の中に殖やすという考え方をとりいれることが出来る。
突然の支出に対応するという考え方は、リスクへの回避をするという商品の選択をする能力を磨くということです。生命保険の控除の枠、火災保険の控除の枠、自動車保険
、損害保険を検討してみた方がいいのです。そして時々見直ししましょう。制度が変更されることはよくあることです。
私自身の殖やす考え方を1枚のA4用紙にまとめました。
銀行借り換えにより金利が下がって返済が楽になってよろこばれた事例などもあります。LEDに交換することによる電気代の削減事例もあります。借入の減額によりリフォームをし相続対策をするのも一つの手です。
相続税を支払っている人は約7%位だと推測されています。控除枠におさまれば問題は争続をどうするかです。
生命保険や暦年贈与による贈与契約書の作成による相続対策などの手法が現在の主流です。そしてお葬式を経験したことのあるファイナンシャルプランナーからのアドバイスも貴重でしょう。
080-8256-3600までご連絡下さい。お待ちしております。
たかちゃんのファイナンシャルプランニング個人的なファイナンシャルプランニング技法でした。殖やすということ、支出をおさえるということ両方とも大事です。よろしくお願いします。すくなくとも老後の設計まで一応終わっているファイナンシャルプランナーに相談した方が机上の論理でない提案を受けられると思います。

ポイント!
  • 人の一生をお金の面でサポートするのがFPの仕事です。支出そして収入、貯蓄を考えていきます。収入を殖やすか、支出を減らすかによって対策を考えることになります。金融機関や税対策などによりそれを実現していきます。稼いだお金を何に使うかにより人生にも影響を及ぼしそのことがいい方向に向けば人生はきっと豊かなものになるはずです。