静岡県沼津市(沼津・大岡・片浜・原駅)の不動産情報|沼津市の宅建マイスタークラブ会員のいる店

静岡県沼津市(沼津・大岡・片浜・原駅)の不動産情報|沼津市の宅建マイスタークラブ会員のいる店
営業時間午前8時30分より午後5時まで
電話番号055-923-2950

FPたかちゃんの一人暮らし応援hitorigurashiouenn

一人暮らしの快適な賃貸生活

当社においては一人暮らしの方を応援しています。なぜ一人暮らしの方を応援しているのかと申しますと、入居者様が結婚を理由に退去をされるとおっしゃった時にそのお友達が私ここに住もうかなとおっしゃったのです。その後もそのマンションにおいては結婚を理由に退去される入居者様がいらっしゃったのです。今回は1人暮らしをする上で快適な賃貸生活をおくっていただきたく、以下にあげました。ご参考にしていただければとおもいます。

1.ご入居をされましたら、何をさておき上下階左右の方へご挨拶を忘れずにしておきましょう。

2.帰宅時、入室したら、玄関のチェーンをしましょう。

3.不審な勧誘に困った時は、そちらではクーリングオフ制度はありますか?大家さんに連絡してみるからと言ってみましょう。

4.台風などで停電が起こった時、電力会社のアナウンスを聞いてみましょう。この地方が停電しているかがわかります。

5.バス停の時間表を携帯電話のカメラで撮っておくと便利です。他県においてはバス停で今バスがどこにあるのかわかるシステムがあるそうです。

6.コンビニでお米やお弁当を配達してくれるところがあります。安否確認にもなります。

7.電気代やガス代や水道料などの支払いは口座引き落としやカード払いにすると便利です。

8.ごみ出し便利帳をみながら分別をしっかりしましょう。

9.自転車にはステッカーをはっておきましょう。

10.窓ガラスの結露はこまめにふき取りましょう。

11.1Rにおいてお掃除ロボットは大活躍です。

12.出掛ける15分前にはエアコンを切るようにタイマー設定しましょう。

13.ポストインが迷惑な方はステッカーを貼りましょう。ステッカーあります。

14.たこ足配線には気をつけましょう。タップを操作出来るタップがあります。

15.長寿命のLEDや蛍光管にすれば入居中の交換手間が減ります。高所作業は大変です。

16.大家さんから借りている借家の設備を誤って壊してしまった場合、保険の適用がきくか確認してみましょう。

17.台風や寒い日は、雨戸を閉めましょう。

18.ねこちゃんがかじりそうな柱の角など予め対策を練っておきましょう。

19.新聞屋さん屋牛乳屋さん等外部の人と時々顔を合わせるような習慣にしておきましょう。

20.お隣の人が騒々しい時は貼紙をします。双方の意見を聞いてどちらがうるさいのか決めたいと思います。

21.1人1人生活時間帯が違います。共同生活を理解しましょう。

22.トイレの水漏れ、蛇口の水漏れなど気付いた時には早めに修理しましょう。量が多い時には元を止めましょう。

23.頻繁に使うドア部などは時々油をさし、螺子をしめましょう。

24.エアコンのフィルターはシーズン前には必ず掃除しましょう。電気代が違います。

25.鍵が入りにくくなったら鉛筆の芯で鍵をこすってから鍵を差し込みスムースにしましょう。。

26.突然の鍵紛失に備え1本を知人に預けておく方法があります。

26.防犯ブザーを扉の隣に貼りつけておけば何かあった時安心です。

27.家賃の振込はゆとりをもってしましょう。自動引き落としによる手続きをすると便利です。

  インターネットバンキングなどは手数料無料の銀行もあります。

28.家賃保証会社さんは相談にのってくれます。必ず連絡がきたら返事を返しましょう。

29.突然のお引っ越しの際でも郵便物の転居届、電気、水道の精算をお忘れないようにお願いします。

30.リサイクルショップ・便利屋さん、引越し屋さんのご紹介をします。オリエント割あります。

31.トイレが詰まった時に困らないようにラバーカップを1つ購入しておきましょう。

32.カーテンの高さを微調整し、隙間をできるだけなくしましょう。

33.お天気アプリでお洗濯日和か予想しましょう。乾燥機付全自動洗濯機なら雨の日でも。

34.朝起きた時に今日も元気でがんばるぞっと思える写真などが目に飛び込んでくるようにしておきましょう。

 1人暮らし応援 高齢者の方へ

1.安否確認のため、新聞、牛乳、コンビニ弁当配達などにより時折人と会うようにしましょう。

2.回覧板は安否確認をするには有効な手段です。

3.身寄りのない高齢者の方は死後事務委任契約について考えておいた方がいいでしょう。

4.お葬式代の出る保険もあります。

5.大家さんに手摺をつけていいかなどの相談をしてみましょう。

6.携帯電話を開くことにより安否メールが送れる携帯電話もあります。(例パナソニック製)

7.体調がすぐれないなどの時民生委員の方に相談してみましょう。

8.亡くなられると銀行口座は凍結しますがお葬式の費用についてお見積りを葬儀社からもらえばお葬式代はでます。

9.ガスに立ち消えセンサーがありますがそれでも心配なときには電子レンジなどの機器を使えるように練習しましょう。

10.普段から足腰を鍛えるには多少上階の方がいい場合もある。

11.年金口座からの家賃・ガス・電気・電話代などの自動引き落としにより毎月の支払いが楽になります。